日本における求人状況の変化とは

日本における求人の変化

日本における求人状況の変化とは
私たちは日常生活の中で非常に普通に「求人」という言葉を使っていますね。
でも本当にその意味を理解しているでしょうか。
今日は少しこの求人という言葉を改めて考えてみましょう。
求人というのは基本的に企業とか団体などの「事業者」が雇用したい人物を募集することを意味しています。
この時に「雇用形態」というのはかなり異なります。
例えば正社員として定年まで数十年会社に勤めてほしいと考えている場合もあれば、アルバイトやパートさんのような短期的な労働力を募集している場合もあるのです。
ではなぜこのような求人が必要になってくるのでしょうか。
それは各企業が事業を展開していくうえでどうしても人手が足りなくなることが考えられるからです。
もちろん最初はそれを既存のスタッフの残業や早出によって補っていくことでしょう。
しかし彼らの労働時間を増やすにしても「労働基準法」でその上限が決まっていますので新しい人材を補完する必要が出てくるのです。
さらに毎年定年で会社を去る人がいますね。
その人たちは仕事から引退していきますが、もちろん会社は事業を続けていく必要がありますので新卒を採用したりして会社を維持しています。
非常に興味深いことに2007年から求人において「年齢制限」を設けることができなくなりました。
これは「改正雇用対策法」に基づいたものになりますが、より多くの人に雇用の機会が生まれたということができるでしょう。
しかし表面的には年齢に関して条件を出していなくても実際には企業からそのような理由で雇用を断られることもあり、このような格差をどのようになくしていくのかが今後の課題であるということができるでしょう。
最近は求人の「媒体」というものも大きく変わってきます。
以前はもちろん、ハローワークや新聞というものが殆どでした。
でも今ではインターネットや無料の求人誌も沢山存在しているので就職活動をする人にはまさに大きな味方であるということができるでしょう。
ぜひこのような日本の求人状況にも精通しましょう。